プリザーブドフラワーで記憶の充足を得る

プリザーブドフラワーの一番の大きな利点は何でしょうか。
それは枯れないと言う事。生花はどうしてもそのきれいな菅を保っておくことができる期間が短いです。ですがどうでしょう。プリザーブドフラワーなら、その生花が姿を保っていられる期間と比べると何倍も長く保つことができるので、プレゼントとして渡す時に安心して渡すことができます。
枯れない、というのは大きな特徴です。思い出を色あせることのないまま保っていられるこの利点。
きれいなまま、思い出を反芻することができる。
生花は、プリザーブドフラワーと比べるときれいな姿であることは否定できません。一度加工すると消えてしまう花特有の良いかおり、これも楽しむことができます。
やはり何も手のくわえない、自然の状態が何よりです。


記憶の大切さをプリザーブドフラワーで考える

生きているということは、良い記憶を積み重ねるということだと考えています。
記憶がないと、その時生きていたとは言い難いです。その瞬間楽しいとしても、記憶の連続性が無いからです。反対に言うと、死ぬ、というのは記憶の連続性が途絶えるということだとも言えます。
その連続性、その部分をより長く楽しむことができるのはプリザーブドフラワーです。
誕生日プレゼントの記憶をより長く味わうことができるのは、プリザーブドフラワーです。あの時の甘美な記憶、それをなるべく薄く延ばすようにして、長く味わいましょう。未来永劫、とはいかなくても生花よりずっと長く、どんどんその甘美な味わいは薄くなったとしても、記憶の尊さを感じていられるのではないでしょうか。


生きるっていう事は幸せと摘み歩くこと

生きているとき、生活を営んでいく途中で目にする幸せ。それを少しずつ拾い集めていくこと。そしてどんどんその先の未来を目指して歩を進めるということ。これが人生かもしれません。
幸せは定義づけが難しく、人によってその成す形は様々です。ですが、自分なりに幸せを感じたらしっかり意識すること。そして反対に不幸を感じたら過度に気にしないこと。これが生きるために必要なことです。
プリザーブドフラワーは、プレゼントとして渡す時にはしっかりと他人を意識しておかなければならず、反対にもらうときにも他人からになります。そこで贈る相手とももらう相手とも、出会いによってなされるものです。しっかりと良い出会いを手に入れることができるように生活を送っていきましょう。
良い出会いを感じたら、放さないようにしましょう。


プリザーブドフラワーを使い分ける

プリザーブドフラワー…良い環境に置いておけば数年そのきれいな姿を保っておくことができる不思議なお花。
生花より相手の負担にもならず、誕生日の思い出を長く楽しむことができるこのお花なら誕生日プレゼントにうってつけです。相手を喜ばせるために選ばなければならない誕生日プレゼント。
プリザーブドフラワーなら、あげる相手を選ばずにプレゼントすることができます。生花ならかかる水やりなどの世話による負担を大きく減らすことができます。あらかじめ水なしでも枯れない特殊な加工が施してあるからです。
花弁の色も人間の手によって人工的に染色されたこのお花。自然ではありえない色合いを表現することが可能です。また、においも同じです。

【PR】誕生日プレゼントランキング(http://garaje.jp/)


プリザーブドフラワーを自宅に飾る

もちろん、自宅のリビングを彩る存在として買い求める方も多いです。
生花と違い、枯れにくいこのお花。リビングや玄関できれいな姿を長い間見せてくれるでしょう。


気持ちをこめる

生花と同じく、気持ちをこめて贈ることができます。
相手の好みに合わせて、お花の種類を変えたり、色も変えることができます。このアレンジ自在のお花は、相手の好みに応えることができますから、しっかりと相手に合わせたプレゼントとして準備することができます。