プリザーブドフラワーを使い分ける

プリザーブドフラワー…良い環境に置いておけば数年そのきれいな姿を保っておくことができる不思議なお花。
生花より相手の負担にもならず、誕生日の思い出を長く楽しむことができるこのお花なら誕生日プレゼントにうってつけです。相手を喜ばせるために選ばなければならない誕生日プレゼント。
プリザーブドフラワーなら、あげる相手を選ばずにプレゼントすることができます。生花ならかかる水やりなどの世話による負担を大きく減らすことができます。あらかじめ水なしでも枯れない特殊な加工が施してあるからです。
花弁の色も人間の手によって人工的に染色されたこのお花。自然ではありえない色合いを表現することが可能です。また、においも同じです。

【PR】誕生日プレゼントランキング(http://garaje.jp/)


プリザーブドフラワーを自宅に飾る

もちろん、自宅のリビングを彩る存在として買い求める方も多いです。
生花と違い、枯れにくいこのお花。リビングや玄関できれいな姿を長い間見せてくれるでしょう。


気持ちをこめる

生花と同じく、気持ちをこめて贈ることができます。
相手の好みに合わせて、お花の種類を変えたり、色も変えることができます。このアレンジ自在のお花は、相手の好みに応えることができますから、しっかりと相手に合わせたプレゼントとして準備することができます。


誕生日にはプリザーブドフラワーとケーキを

友人や家族の誕生日にケーキを用意してお祝いしている人がほとんどだと思いますが、どんなケーキを用意しているのでしょうか?
大きなケーキを用意している人もいれば、オーダーメイドで作ってもらったケーキを用意している人もいますよね。
ですが、近年ではプリザーブドフラワーのフラワーケーキという商品がありますので、こちらを誕生日プレゼントにしている人も。
誕生日と言えば、ケーキとお花だと思いますが、中には病気などでケーキを食べることが出来ない人もいますので、嬉しいですよね。


プリザーブドフラワーのケーキ

フラワーケーキはその名の通り、お花で作られたケーキなので食べることは出来ません。
ですが、本物にこだわりプリザーブドフラワーで作ったフラワーケーキをケーキボックスに入れて送ってくれるお店もあります。
とてもかわいらしくて、大きさも選べますので、誕生日には一役買ってくれることでしょう!
長く保管できますので、透明のケースやケーキボックスに入れて飾れば、部屋の印象もまた変わって良いのではないでしょうか?


遠くに住んでいる人にも贈れます

通販サイトが増えてきていますので、友人が離れている場合や両親と離れて暮らしている人は、ぜひ宅急便を利用してみて。
誕生日の日に、プリザーブドフラワーで作られたケーキを贈れば、きっと相手も驚き喜んでくれるはずです。
本物のケーキは生ものですので早く食べないといけませんが、こちらでしたらいつまでも大切に飾ることが出来ますよ!

【関連情報】


プリザーブドフラワーを誕生日プレゼントにしよう

誕生日にお花を贈ることもありますが、生花ではどんなに丁寧にお世話をしてもいつかは枯れてしまいます。
しかし、プリザーブドフラワーでしたら保存状態さえよければ長く保つことが出来るようになっているのです。
誕生日プレゼントで贈っている人も多くなってきていますが、実は少し変わったお花も出てきているのでそちらもチェックしてみて!
どんなものなのかと言うと、暗闇の中で光ると言うお花なので、女性でも男性でもびっくりすること間違いなしです!


プリザーブドフラワーはケースに入れておく?

多くのお店ではケースに入れた状態で送ってくれたり、売られていると思いますが、出来ればそのままにしておくのが良いですね。
ホコリなどがついてしまったら、お手入れするのも大変ですしケースに入れた方が長持ちすると言われています。
どのくらい保つことが出来るのかというと、最大10年くらいだと言われていますので、ぜひケースの中に入れて飾ってみて下さい。
お手入れが楽なので、誕生日プレゼントとして贈っている人もまた少しずつ増えてきているようですよ!


お店を比較しましょう

最近では暗闇の中で光るお花を取り扱うお店が、少しずつですが増えてきています。
しかし、そのお店によって使っている花材や入れ物が違いますので、即決してしまわずじっくり比較をしてから決めてみては?
もしかしたら、とても気に入ったプリザーブドフラワーを見つけることが出来るかもしれませんよ!


プリザーブドフラワーは何で選んだらいいですか?

今やプリザーブドフラワーを作成・販売している会社はたくさんありますし、それゆえに花の種類もかなり増えてきています。
そうなると、選ぶ側としてはかなり大変になってきてしまいますよね。
しかし大切な人に贈る誕生日プレゼントにしたいと思っているのなら、きちんとしたものを選びたいものです。
では、どんなところに注目すればいいのでしょうか?


プリザーブドフラワーはしっかりと作られているところで買おう

贈り物をするならば、相手に喜んでもらうのが第一の前提ですよね。
でもそれが壊れやすいものだったり、不良品だったりしたら相手のテンションは一気に下がってしまいます。
そうならないように、贈り手側がきちんといいものを選ぶようにしないといけません。
プリザーブドフラワーも同じで、形が崩れやすいものではないか、崩れやすいのであれば対策はないかなどの点で見ておくといいです。
またこの商品は生花ですので、もしネットで買ってそのまま相手に届けると言うのであれば、早めに相手に贈ってもらえるかどうかも確かめた方がいいでしょう。
プリザーブドフラワーをデザインや値段で選ぶのも大事ですが、それ以前にきちんと最高の形で贈ってもらえるかどうかもチェックしておきたいですね。


本当に手入れがいらないものか?

水遣りや植え替え等の手入れをしなくても長持ちするプリザーブドフラワーですが、すべての商品が本当にそうとも限りません。
中には花以外の素材を使っているが故にちょっとした手入れが必要になってくるものもあります。
それを選んだ際は、届け先の相手にも手入れの方法をきちんと知らせておきましょう。
その気遣いを贈るのも一種の誕生日プレゼントですよ。


プリザーブドフラワーで記憶の充足を得る

プリザーブドフラワーの一番の大きな利点は何でしょうか。
それは枯れないと言う事。生花はどうしてもそのきれいな菅を保っておくことができる期間が短いです。ですがどうでしょう。プリザーブドフラワーなら、その生花が姿を保っていられる期間と比べると何倍も長く保つことができるので、プレゼントとして渡す時に安心して渡すことができます。
枯れない、というのは大きな特徴です。思い出を色あせることのないまま保っていられるこの利点。
きれいなまま、思い出を反芻することができる。
生花は、プリザーブドフラワーと比べるときれいな姿であることは否定できません。一度加工すると消えてしまう花特有の良いかおり、これも楽しむことができます。
やはり何も手のくわえない、自然の状態が何よりです。


記憶の大切さをプリザーブドフラワーで考える

生きているということは、良い記憶を積み重ねるということだと考えています。
記憶がないと、その時生きていたとは言い難いです。その瞬間楽しいとしても、記憶の連続性が無いからです。反対に言うと、死ぬ、というのは記憶の連続性が途絶えるということだとも言えます。
その連続性、その部分をより長く楽しむことができるのはプリザーブドフラワーです。
誕生日プレゼントの記憶をより長く味わうことができるのは、プリザーブドフラワーです。あの時の甘美な記憶、それをなるべく薄く延ばすようにして、長く味わいましょう。未来永劫、とはいかなくても生花よりずっと長く、どんどんその甘美な味わいは薄くなったとしても、記憶の尊さを感じていられるのではないでしょうか。


生きるっていう事は幸せと摘み歩くこと

生きているとき、生活を営んでいく途中で目にする幸せ。それを少しずつ拾い集めていくこと。そしてどんどんその先の未来を目指して歩を進めるということ。これが人生かもしれません。
幸せは定義づけが難しく、人によってその成す形は様々です。ですが、自分なりに幸せを感じたらしっかり意識すること。そして反対に不幸を感じたら過度に気にしないこと。これが生きるために必要なことです。
プリザーブドフラワーは、プレゼントとして渡す時にはしっかりと他人を意識しておかなければならず、反対にもらうときにも他人からになります。そこで贈る相手とももらう相手とも、出会いによってなされるものです。しっかりと良い出会いを手に入れることができるように生活を送っていきましょう。
良い出会いを感じたら、放さないようにしましょう。


プリザーブドフラワーの作品展もある!

お店や通販サイトで取り扱っているお花ですが、自分でも作れると言うのがまた魅力になり人気となっています。
近年になってからでは、プリザーブドフラワーの作品展が開催されることも多くなり、コンテストも開かれるようになりました。
そこで、皆さんも自分でたった一つしかないプリザーブドフラワーを、作ってみてはいかがでしょう。
お手本を参考にしてアレンジするのも楽しいですし、教室へ通いながら勉強すると言うのも良いと思います!


プリザーブドフラワーをもっと楽しむ

せっかく作品展が開催されているのですから、お花が好きな人は一度訪れてみてはいかがでしょう?
プロの人が制作したプリザーブドフラワーを見ることによって、自分の感性や創作意欲をかきたててくれる効果もあります。
お花の飾り方や入れ物の選び方、使い方を見て色々学ぶことも出来ますので、非常にオススメですよ。
場所が遠い人などは、ネットで検索をすると出てきますので、そちらから見ることが可能ですのでぜひ!


カラーイメージで見つける

お花の色を好きな色で選ぶのもいいですが、カラーイメージで探すのもまたいいのではないでしょうか。
例えば、相手がいつも元気で明るく活発的な人であれば、オレンジ色のプリザーブドフラワーを誕生日プレゼントにするとか。
風水を気にしている人だったら、置き場所に合わせて目的のカラーのプリザーブドフラワーを贈るのも良いでしょう。


入れ物にこだわってプリザーブドフラワーを選ぶ?

色々な種類のお花がありますが、皆さんはどんなところに注目して選んでいるのでしょうか?
色のバリエーションやお花の種類、値段や大きさなどを比較しながら決めている人もいますが、入れ物に注目したことはありますか?
お花も大事なのですが、やはり入れ物でプリザーブドフラワーの印象が大きく変わってくると思うんですよね。
ハートの入れ物に入っていれば可愛らしいイメージ、角のある入れ物だったらシャープな感じなど入れ物にもこだわってみませんか。


プリザーブドフラワーの入れ物を検索してみよう

入れ物を検索してみると、色々な入れ物が出てきて本当にたくさんの入れ物があることが分かります。
中には、ガラスドームもありますし、そのガラスドームも上にウサギがついていたりクマがついているものもあるので、面白いですよ。
透明のケースもありますし、カップの形をした入れ物や、ジブリなどのキャラクターの入った入れ物もあります。
どんな入れ物にプリザーブドフラワーを飾るのかによって、大きく印象やイメージが変わるのって面白いと思いませんか?


誕生日プレゼントで贈ってみませんか?

母の日や父の日、敬老の日などに贈っている人もいますが、誕生日にも最適なんですよ。
その贈りたい相手の事を考えながら、入れ物にも注目してプリザーブドフラワーを選ぶとすぐに見つかるかもしれません。
相手の好きそうなものや似合いそうなものを、誕生日プレゼントにしたら、きっと相手も嬉しいと思いますよ!


プリザーブドフラワーの教室があります

皆さんはお店や通販サイトを見て、自分が欲しいものを見つけられなかった経験はありませんか?
どうしてこのお花が入っていないんだろう?どうしてこの色はないんだろう?と思いながら探して、結局諦めてしまう人も。
プリザーブドフラワーは自分で作ることが出来ますし、最近ではプリザーブドフラワーを学べる教室もあるんですよ!
初心者でも安心して学べるようになっているため、子供と一緒に参加している人達も多くなっているみたいなんです。


たった一つのプリザーブドフラワー

手作りという事は、世界にたった一つしかないものになりますから、とても良いと思うんです。
自分でプリザーブドフラワーを作って部屋に飾ったり、大切な人の誕生日プレゼントとして制作して渡してあげるのも素敵です。
最初は難しいかもしれませんが、先生が丁寧に教えてくれますので、少しずつ上手に作り上げることが出来るでしょう。
教室へ通いながら自分だけの作品を作って、写真に収めていくと言うのもまた、素敵な趣味ですね。


イベントごとの為に!

定期的に通うのではなく、何か目的のある時に通うのもいいかもしれません。
例えば、もうすぐ大切な人の誕生日だから誕生日プレゼントにするとか、子供が学校へ入学、または卒業するからという目的でも◎。
プリザーブドフラワーは、様々なお祝い事で活躍してくれますので、一度自分で手作りしてませんか?